胃カメラを飲む前と飲む時に役立つこと

私はかなり胃痛がして、初めて胃カメラを飲んだ時の事を覚えています。最初は軽い気持ちで、何も特に考えずに飲みました。病院はいつもの大きめの病院でしたし、先生も優しそうで、安心していました。ところが、実際に胃カメラを飲む時になると、先生は私は胃カメラを飲みづらいと思うので、もっとリラックスしてくださいと言いました。

そこで、少し心配になりました。でも、それでも特にすぐ終わると考えて胃カメラを飲みました。すると、麻酔もしたのに、とても胃カメラが大きく感じ、全然喉を通りませんでした。先生も必死に、げっぷを我慢してと言うのですが、全く我慢できず、かなり時間もかかってしまい、大変苦しい思いをしました。涙を流し、その時はこんなにみんな苦しい思いをして胃カメラを飲んでいたんだと自分の無知を攻めました。その検査の結果は、大変な胃炎でしたが、治療をして回復しました。そして何年か後です。またその胃痛はやってきてしまい、今度は医療に詳しい友人に相談しました。今はとても細くて、以前のような苦しい思いは全くする必要がなく、すぐに終わるよということでした。私はとても喜びましたが、私の住んでいた所の病院を調べると、ほとんどがまだ以前のままの胃カメラを使っているということでした。それで、仕方がないと思い、いつも通っている、あの以前に胃カメラを飲んだ病院にまた行って検査をすることにしました。以前のことは、少し言ったほうが良いのだろうかと思いましたが、顔で表現する程度で時間がなく、検査となってしまいました。私は以前の経験から教訓を少しでも得ようと、良く思い出してみました。私は確かに体質的に胃カメラを飲みづらいかもしれませんが、私も先生の言うことが耳に入らず、ただ胃カメラを吐き出すような感じになっていました。それで、特に言われたのがリラックスでした。深呼吸をし、気持ちを楽にしながらも、多少は苦しいと自分に言い聞かせ、覚悟をしました。

そして、いよいよ胃カメラを飲みました。すると、以前よりすっと胃カメラが入って行きました。私は飲み物を飲むように、ごくごくと言われたように胃カメラを飲んでいきました。これは自分でも今回は落ち着いていると感じ、先生が胃カメラを動かして画面を見ていても、全然今回は平気でした。それで、コツとして、以前からある胃カメラを飲む時は、リラックスするよう前の日から意識し、先生や周りの方とも良い関係を保ち、そして自分でも飲み込むということです。今は違うタイプの胃カメラがありますが、そういうものにするかどうかも、事前に必ず病院に確かめる必要もあると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*